これからの時代を勝ち抜くカギは、ワークプレース体験にある


──庄さんがリードする「モダン・ワークプレース」というソリューションについて教えてください。


この一年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、ありとあらゆる場所でデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)が急務でした。
多くの企業が「ワークプレース」の変革を余儀なくされ、まだその対応の渦中にいらっしゃるかと思います。

でも実はこのような状況になる以前から、「ワークプレース」というのは、DXに取り組む企業課題の一つだったんです。仕事環境、職場環境そのものが、テクノロジーによって複雑化してしまい、本当に価値は向上しているのか?と多くの企業で課題とされてきました。

その課題解決と本質的なDXを推進するために、私たちアバナードが注力しているのが、従業員の職場における体験「ワークプレース体験(WX)」であり、それをリードするのが私たちモダン・ワークプレースの役割です。

不確かな現代に、着実に生き残り成長していくためには、以前にも増してより一層ワークプレース体験が重要です。きっと、多くの方が身をもって体験していらっしゃるのではないでしょうか。

テクノロジー導入はゴールでなく「スタート」


──ワークプレース体験を提供するため、クライアントに対してどのようにサポートしていますか?


テクノロジーを導入する背景には、ビジネスのニーズやプロセスがあります。

ですから、テクノロジー導入の仕方はそれぞれのビジネスに沿ったやり方でなければならないし、適した活用のされ方でなければ、テクノロジーでビジネスを加速することはできません。

ITの視点から考えると、DXにおけるテクノロジーの導入は「ゴール」となってしまいますが、利用者、つまり働く人の視点に立てば、それはゴールではなく「スタート」なんですよね。

テクノロジー導入を支援する私たちは、働く人々がそれを使ってより良い体験をするにはどうすべきか?に徹底的に探り、寄り添って進めます。

もちろんテクノロジーを導入するだけでも生産性は上げられます。ただ、そこの視点に留まらず、もう一段階上の視点から、もっと業務に合った使い方があるのではないだろうか?もっと価値を高められないだろうか?と視野を広げ、ワークプレースにおける「より良い体験」と「さらなる価値の実現」を目指すべきだと考えています。

そのために私たちは、クライアントが本当に実現したいビジョンを導き出し、場合によってはトレーニングを実施したり、社内のコミュニケーションのお手伝いをしたりすることで、ワークプレース体験の価値向上にとどまらず、そこからビジネスをドライブするところまでサポートをしています。


体験を生み出し、価値を向上させるワークプレース体験


──モダン・ワークプレース実現による成果には、どういったことがありますか?


数年前の話になりますが、アメリカの大手医療機関におけるプロジェクトで、診断数を約4倍に増加させた事例(※)があります。

具体的には、ガンの症例について話し合う症例検討会をデジタル化するというプロジェクトです。その検討会は、医師のみならずさまざまな分野の専門家が集まって開催されるのですが、多忙な中で同じ時間に同じ場所に集まることが難しい。

そこで、Microsoftの「Office 365」「Teams」「OneNote」などの技術を使って、いつでもどこからでも参加でき、オンライン上で症例について議論を交わせるよう、デジタル化を図りました。

この成果は素晴らしく、デジタル化後は約4倍の患者さんを診られるようになりました。加えて、すべての情報をデータとして残せるようになったため、過去事例やそのプロセスを必要に応じて振り返ることや、後からメンバーに加わる人への情報提供も可能にしています。

この実現にあたって、課題を解決するためにはどんな機能を必要としているのか、優先して実装したい機能は何かなど、一番大きな価値を何か知るために、徹底的にユーザーの視点から開発を進めました。プロトタイプを短時間で仕上げ、稼働しながら改善を繰り返していったことで、ただ会議をオンライン化しただけではなく、さらなる価値を生み出すことに成功しています。

Ascension Wisconsin社:がん患者事例の検討数を4倍に


アバナードだからこそもたらせる、大きな社会的インパクト


──これからの時代を勝ち抜くためには、より良いワークプレース体験をつくり出せるかどうか、そしてつくり出すためには、いかにユーザー視点で寄り添い、いかにデザインしていくのかが重要になってくるということですね。


その通りですね。実は、その重要性がアバナードのビジョンにも表されているんです。アバナードのビジョンの一部に、「豊かなエクスペリエンスを創造しつつ」という言葉が追加されました。つまり、私たちが「体験をつくっていく」ということです。

せっかくテクノロジーを活用するのであれば、テクノロジーによってもたらされる体験が、現場で働く人々にとって本当の価値のあるものにしていきたい。そのためには、徹底的にユーザーに寄り添ったデザインと設計が必要だと考えます。

例えば私は、「LEGO® SERIOUS PLAY®(レゴ®シリアスプレイ®)」というブロックを活用したワークショップのファシリテーションの資格を持っています。社内でカジュアルな体験会をして楽しんでいたのですが、最近ではそのLEGO® SERIOUS PLAY®を、チームビルディングや社内の研修だけでなく、お客様とのソリューションの定義に活用したりしています。

完全リモートワークの今は、オンラインでLEGO® SERIOUS PLAY®の体験会を開催したり、時にはスクラム開発の手法についてブロックを用いて学んだりと、どんどん新しいことに取り組んでいます。

素晴らしい体験と、これまでにない価値を実現するためには、このように、これまでとは違うアプローチもどんどん取り入れていくべきだと考えます。


──庄さんは、アバナード入社以前は、日本およびアメリカのコンサルティング・デザインエージェンシーで、リサーチから設計、管理まで、幅広い業界やプロジェクトでご活躍されていますよね。アバナードへの入社の決め手は何だったのでしょうか?


私はまさに、このモダン・ワークプレースに取り組みたいと思って入社しています。

アバナードとの出会いは、アメリカでのキャリアや英語というツールを活かしたいと考えていたとき、タイミングよくお声がけいただいたのがきっかけでした。アバナードを知っていく過程でモダン・ワークプレースの存在を知り、アメリカの大学院卒業後に携わっていた「インフォメーション・アーキテクト」という情報整理の仕事経験を生かせると感じたんです。

そのうえ、アバナードの基盤にあるのはマイクロソフトテクノロジーです。

数多くの日本企業で導入されているマイクロソフトのテクノロジーを活用してワークプレース体験を提供できれば、その影響はきっと大きなものになるはず。

アバナードなら、より大きな規模で、社会的なインパクトをもたらせる仕事ができると思い入社を決めました。

──それでは最後に今後の展望を聞かせてください。


アバナードのビジョンに表現されるように「体験をつくっていく」のが私たちの使命でもあります

この全世界的な変革に際して、アバナードのモダン・ワークプレースは、その体験づくりをリードするチームであり、ビジネスにドライブをかけていく存在でありたいですね。

※この記事は2019年のインタビューを元に内容を刷新したものです。

2019年の取材時には、インタビューの最後に6ピースのブロックを使った即興ワークショップを開催。

テーマは、“アヒル”!参加した6人で作ったアヒルたちがこちら。

「6人いれば6人の違うアイデアができる、100人いたら100人の違うアイデアができる。同じブロックを使っているのに、それぞれ出てくるアイデアはこんなに違うんです。

これらのアイデアを全て尊重するにはどうするか?そんなことを参加者全員で考えながら、チームビルディングの考え方を学んで行きます」

多様性を実感しながら、目指すべきビジョンを共有する、そんなこともレゴでできるんです。既成観念にとらわれない自由な発想で、アバナードはワークプレース体験から価値創造するお手伝いをしています。