コードを書けるだけのエンジニアでは生き残れない


──アバナードで働くまでの経緯を教えてください。

私はフランス出身で、大学時代にソフトウエアエンジニアリングを学び、母国のスタートアップ企業に就職しました。

その会社で、マイクロソフト技術を扱うエンジニアとして、開発から保守・管理、営業サポートまで幅広い業務に携わったあとに独立。大手コンサルタント会社からの依頼を受け、ITスペシャリストとして企業サポートをしていました。

日本にやってきたのは27歳の時です。

ワーキングホリデービザで来日して日本語を学んだのち、日系大手SIerに就職。SharePointスペシャリストとして5年間企業向けシステムインテグレーションに携わりました。

その後、2018年7月にアバナードに入社し、現在はソフトウェアエンジニアリングのシニアコンサルタントを務めています。

──エンジニアからコンサルタントへの職種転換によって、何か変化を感じたことや気づきはありましたか?

コードを書けるだけではエンジニアとして生き残れない時代になっていることを、日々感じています。

これはアバナードに入社して開発の上流工程に携わるようになり、これまでとはスケールの違う大きなプロジェクトに関わるようになったからこそ気がつけたことですね。以前のようにエンジニアだけをやっていたのでは、ここまではっきりと自覚を持てなかったかもしれません。

──これからの時代、エンジニアにはどのようことが求められているのでしょうか?

今は「いかに早く、いかに価値のあるものを生み出せるか」が勝負の時代。じっくりコードを書いて、ゼロから新しいアプリケーションを生み出すことが求められているのではありません。

「本当に価値のあるもの」を提供するために必要なのは、決して新しいテクノロジーではないんです。

私たちは今あるテクノロジーの中から、「何を採用して、どう組み合わせて動かすか」 を常に意識してシステムを構築しています。

スピードを担保する上でも、既存のものを掛け合わせてつくるやり方が最善です。

エンジニアとして時代に合った開発手法に順応するためには、コードを書く以上のことが求められる世の中になっているのだと思いますね。

エンジニアというバックグラウンドを持つ強さ


──アバナードは、ジャンノエルさんのようにエンジニア上がりのコンサルタントが非常に多いのが特徴ですよね。

そうですね。コードを書けるだけでは生き残れないと感じる一方で、エンジニアとしての基盤があるからこそ、クライアントに付加価値のある提案ができるのです。アバナードが成長している理由は、そこにもあると思います。

私自身も、エンジニアというバックグラウンドが、今の自分のキャリアに非常に有利に働いていると感じています。

コンサルタントとしてプロジェクトを進めていると、クライアントと対話できるのはもちろんのこと、開発メンバーと的確なコミュニケーションを取れることがいかに重要かわかります。

これまで、フランスと日本でエンジニアとしてたくさんの経験を積んできたことが、今のコンサルタントとしての私を形成しているのだと思います。


──アバナードは、ジャンノエルさんにとってどのような環境ですか?

エンジニアとしてもコンサルタントとしても、脳がワクワクする場所です。

アバナードには、仕事のスピードや規模はもちろんのこと、エンジニアとして楽しめる場所を求めてやってきました。

以前に勤めていた会社では、同じレベルで技術について話せる人が少なく、どこか物足りなさを感じていたんです。やはりエンジニアとしては、刺激しあえる仲間と働きたいですし、学びの多い環境に身を置きたいですからね。

実際にアバナードには、様々な技術のスペシャリストがたくんさんいます。

彼らと話をしていると脳がワクワクするし、もっと一緒に働きたいという気持ちが湧き上がってきます。

少年時代、初めて自分のパソコンを買ってもらって、無我夢中でパソコンをいじっていた頃の気持ちを思い出させてくれる。アバナードはそんな場所でもあります。

失敗に学び、最高のチームメイトが集う場所


──そんなワクワクさせてくれるアバナードには、どのようなカルチャーが根付いていますか?

アバナードには、個々がそれぞれの分野で学んできたことを掛け合わせて、大きな力に変えるカルチャーが自然と根付いています。

そして、社内のネットワークを使えば、日本だけでなく海外拠点のメンバーとも簡単に知識の交換ができます。アバナードそのものが、知識のデータベースになっているんです。

そういう環境だからこそ、プロジェクトも着実に早く進む。すべては繋がっているんですよね。

先ほどもお伝えしたように、今は「いかに早く、いかに価値のあるものを生み出せるか」が勝負の時代です。言い換えれば、個人ではなくチームで最善の答えを導き出す時代ではないでしょうか。

アバナードが持つカルチャーは、こんな時代にこそ必要です。

次から次へと世に出てくる情報を、全てキャッチするのは、一人の力では難しい。

スピード感をもって答えを導き出すためには、チームの力が必要不可欠であり、アバナードには最高のチームメイトが揃っていると思います。

──最後にアバナードに関心をお持ちの方に、メッセージをお願いします。

アバナードはチャレンジすることや失敗することに対して、とても寛容な会社です。「失敗していい」という会社は多いですが、本当に許容しているところは少ない。アバナードは、その数少ない企業の一つですね。

チャレンジ精神を持った人が多く、失敗を怒る人も見たことがありません。

失敗だと気づいたら、すぐに何が原因だったのか、次はどうすべきかとポジティブに変換して、みんな前に進んでいきます。

私自身、本当にチャレンジできる環境が欲しいといつも思っていました。その環境が、ここにはあります。

「失敗を恐れてしまったら何もできない」

それをみんなが共通意識として持っているんです。

時代の変化に柔軟に対応しながらチャレンジしていける環境で、自分にとってベストなキャリアを一緒に築いていきましょう。

※この記事は2019年のインタビューを元に内容を刷新したものです。