「データ」を起点にしたお客さまの課題解決を推進


インキュデータに参画するまでは、いくつかの会社でお客さまと対面する広告・マーケティング事業に携わってきました。主な業務経験としては、コンサルティング営業の経験や会社内の事業を横断したデジタル支援、マーケティング支援を経験してきました。ひとくちに広告、マーケティングといってもさまざまな手法があり、市場のトレンド変化に応じて柔軟かつタイムリーに対応していくため、幅広い経験をしてきました。そのため、10年以上この業界にいますが、飽きることなく仕事をしています。

インキュデータでは法人向けのデジタルマーケティング領域のコンサルティングを担当しています。お客さまの経営課題解決やDXの実現に向けて、戦略立案からマーケティング施策実行までをワンストップで担っています。

戦略立案フェーズでは、お客さまが保有しているデータ(主に顧客データなど)をどのように活用してどういった広告施策や分析、業務オペレーション改善などができるかの道しるべを描きます。その際には必要に応じて3rdパーティデータと呼ばれるお客さまが保有していない外部のデータと連携したり、新たにマーケティングシステムを導入したりすることもあります。方向性をお客さまと合意した後には、目指す姿に向かってプロジェクトを進行し、最終的には施策を実行してアウトプットの創出まで行います。

多様な選択肢がある中で、お客さまの課題に対してベストな戦略を策定し、そこから打ち手までの構想を描いていくのは難しいのですが、チームのメンバーの知見と今までの経験をもとに最適なアウトプットが出せるよう努めています。

一つ一つ課題を解決しながら、お客さまと並走する面白さ

やりがいを感じる瞬間は、お客さまと目指すゴールイメージを共感でき、お客さまやプロジェクトメンバーと信頼関係を築いて協業できたときです。

ある商業施設の売り上げを伸ばすために、施設内のテナント間の併売行動を分析して、顧客行動の深堀を行いました。さらに、来店頻度や購買傾向などによってコンテンツを出し分けて配信する施策も進めています。インキュデータでは単純に理想像を描いて終わるのではなく、その理想像を実現するための施策提案から実行までを担っているため、長期にわたってお客さまと並走していきます。施策を成功させるためにも、お客さま以上にお客さまや顧客について詳しくなれるよう、コミュニケーションは特にこまめに行うことを心がけています。その積み重ねの結果として最適なアウトプットを提示することで、お客さまから深く信頼を得られた時には、何ものにも代えがたい嬉しさを感じます。

インキュデータのプロジェクトは金額規模が大きい案件が多く、その分お客さまへの責任も重くなります。また、決まった答えがない領域なので非常に裁量権が大きく、ビジネスの根幹を変えたり、顧客の新しい体験価値を創出したりと成果も見えやすく、世の中にインパクトを与えることのできる仕事なので、やりがいや達成感は非常に大きいなものを得られます。

インキュデータの魅力は「人」

インキュデータの強みは、DX推進において重要なデータやマーケティングに関する知見が豊富にあることです。

インキュデータはDX推進を成功させるために広い事業領域を持つ会社です。そのため、戦略策定、マーケティングシステム導入、データサイエンス、広告及びマーケティング施策、事業開発などあらゆる分野のスキルと経験を持った社員が在籍しています。また、業界トップの事業会社、コンサルファーム、自身の会社設立で高い実績を出したメンバーなど、さまざまなバックグラウンドでトップクラスの実績を持ったメンバーが入社しています。そういった優秀なメンバーと一緒に仕事ができ、今まで携わる機会のなかった領域の知見を吸収できる環境は非常に希少でとても成長できる環境だと感じます。

そして、まだまだ設立2年目のベンチャー企業という一面があるので、自身の色を会社に色付けできる余地があります。新規事業開発や社内制度の整備など、組織づくりにも関わることができるフェーズですし、そういった会社の根幹になってくれる方が続々と入社している印象です。実際に、入社間もないメンバーが新規事業を発案し、企画から半年ほどの異例のスピードでリリースされた事例もあります。このように、挑戦や発言も奨励される社風で、仕事の裁量も大きい会社です。その分責任も伴いますが、メンバーの強みを十分に発揮できる環境を提供できるよう私の部署でも大きな裁量権を与えています。そのため、自然と経験値を積んで個人としてのビジネス戦闘力が高まっていく環境だと思います。

インキュデータのミッションに共感し、粘り強さと成長意欲のある方と一緒に働きたい

インキュデータのミッションは「データとテクノロジーの力でビジネスを変革していくこと」です。このミッションを実現するためにも、お客さまに深く入り込みながら並走し、多種多様な経営課題を、理想論だけでなく現実とのバランスを考えながら根気よく一つ一つ解決していきたいと思います。

DX実現に関してデータの重要性は広く認知されてきましたが、まだまだデータ活用に苦戦しているお客さまが日本には多いと感じています。データに関するプロフェッショナルとして、データで実現できることを正確に伝えつつ、お客さまのフェーズに合わせてやるべきことを示していくことで、デジタル社会への変革を支援したいと思っています。このように、お客さまの課題に地道に向き合う粘り強さを持っている方と一緒に働けると嬉しいですね。

インキュデータの志向性とマッチすることが一番重要だと思っていますが、必要なスキルをあえて挙げるとしたらお客さま向けにCRMの経験をされている方、広くマーケティング施策の経験がある方は非常にマッチすると思います。インキュデータは国内シェアトップの「Tresure Data CDP」を強みとして持っているものの、それはあくまでお客さまに対するソリューションの選択肢の一つだと考えているため、最適なソリューションの選定と組み合わせ行う際に経験を十分生かせる環境です。

裁量が大きいとお伝えしたものの、決して一人で仕事するわけではないので、経験が足りない部分は、私含めチームで補いながら一緒に成長していきましょう。そうしたチャレンジ精神、将来会社の中核を担う意欲のある方をお待ちしています。

インキュデータのミッションや社風、仕事内容に興味を持っていただけたら、お気軽にご応募ください。

※こちらのインタビューは、2020年12月に行いました。(撮影場所 WeWork Ginza Six)