企業で働いていると、配属・異動・転勤・昇進などを経験する。これらは組織の事情によって決められることも多く、ときには予測していなかったタイミングで訪れることもあるだろう。そのため、個人の意志だけでキャリアを切り拓くということは、実は難しいと言えるのかもしれない。

しかし、異動によって天職を見つけた人も確実に、いる。大阪府四條畷(しじょうなわて)市でマーケティングの仕事をしている西垣内渉(にしがうちわたる)さんもその一人だ。

テレビ局から市役所職員へ、異色のキャリアチェンジを経験し、異動によって今のキャリアの軸となるマーケティングに出会う。転職に至ったのも、友人から教えられた情報がきっかけだった。

目の前に提示されたキャリアに身を任せ、置かれた場所でしっかり成果を出す。一方で、自分の興味・関心や意志は表明しておく。そして、直感が働いたときには、少しのきっかけも逃さず素早く掴む。そんな姿勢によって形成されてきた、彼のキャリアを聞いてみたい。


予測できないキャリアを楽しめたから今がある

「前職はテレビ局勤務で今は任期3年の市役所職員、仕事はマーケティング」

僕のキャリアを端的に紹介するとしたら、こうでしょうか。2017年10月から、大阪府の四條畷市役所でマーケティング監(部長級)として働いています。

ミッションは、子育て世代の人口を増やすこと。

市が持続的に発展するには、子育て世代を増やさないといけません。そのためには、まず四條畷市の知名度を上げることが大切です。四條畷市在住の方にも市外の方にも「四條畷市は魅力的だ」と思ってもらえるように、情報発信やイベントの企画、公民連携の促進をしています。

最初のキャリアにテレビ局を選んだのは、もともとお笑い好き、かつインターンで報道番組のADアシスタントをしていて興味が湧いたという、いい意味で安直な感じです。

二社の面接が順調に進み、一社は入社前に「どのジャンルで仕事をするか」を選ぶ部門別採用。もう一社は、どのようなキャリアを歩むかわからない総合職採用でした。そのとき僕は、なぜかわからないのですが、予測できないキャリアに賭けてみようと思ったのです。

テレビにかかわることなら仕事内容にこだわりが無かったからかもしれませんが、人事異動によって、自分の人生が動いていくのも悪くないなと。それで総合職採用を選び、2005年に近畿圏で日本テレビ系列を放送する読売テレビに入社しました。

入社後は、日々の放送が事故なく運行できるよう管理する放送運営局で3年働いた後、マーケティング部へ異動することに。当時マーケティング部を所管していた編成局長に「お前はまだ若手だし、次は制作現場だろう」と言われていたので、正直驚きました。

後に、異動前に提出したキャリアプランの自己申告シートを読み返すと、書かれていたのは「どうやって視聴率を上げていくか」といった内容ばかり。

大学時代、社会心理学を専攻し、インターネット調査会社でアルバイトをしていたこともあり、自然とその領域を志望していたようです。ちょうど、マーケティング部が若手育成に力をいれようとしていた時期と重なったことも恵まれていました。

マーケティング部での仕事は、わかりやすく言えば、“読売テレビの視聴率を上げること”。視聴率をはじめとした各種データをもとに「どのターゲットに向けたコンテンツを拡充すれば勝てるか」と戦略を練ったり、視聴者が離れないような構成を組むよう提案したりしていました。

僕がマーケティング部に配属された2008年ごろ、読売テレビは関西地区での年間視聴率が最下位。けれど、日本テレビの新番組が早期に人気を掴んだことや地道なリサーチと施策への反映が実って、2014年にはトップになれたんです。

この経験から、僕の中に「マーケティングはどんなことにでも使えるのではないか」という仮説が生まれました。それからも視聴率首位をキープできたものの、トップへ上がっていくプロセスにやりがいを感じていたので、「もうやりきったかな」という思いがあったのも事実でした。

自分が「何者」かを伝えることから、“顔を売らないと仕事は来ない”

2017年夏のある日、飲み会の最中に友人が「四條畷市が面白そうな募集をしてるぞ」という情報を仕入れてきました。四條畷市といえば、2017年1月に就任した東修平市長が全国最年少市長として話題になった市。

副市長とマーケティング人材を民間から募集するというのです。

「マーケティングという概念がまだまだ乏しい自治体でチャレンジできることで、自分がトップランナーになれる可能性もあるのかも…」

そんな魅力を感じたんです。気付けば、僕は飲み会の片隅でエントリーをしていました。「え!躊躇なく応募したの?」と言われてしまいそうですが、受かるか落ちるかもわからなかったので。

挑戦する価値があると判断してまずはエントリーしました。それに、僕がいないと回らない仕事なんてどこにも無い。そんな考えを持っていたから、自分の気持ちを大事にできたのかもしれません。

転職は、誰も僕のことを知らない環境に飛び込むこと。

だからこそ、いろんな部署を回って「自分が何者で、どんなことで役立てるのか」を伝えるよう意識しました。もう一つは、現状把握のための情報収集。施策を行うにもまずはリサーチから。

商店街の方々から話を聞いたり、市役所内外のいろんな人を飲みに誘ったり。“顔を売らないと仕事は来ない”という意識はテレビ局にいたころから持っていたので、自然にそうすることができました。

民間から公務員への転職ということで、戸惑ったこともあります。2017年10月に入庁して、最初に取り組んだプロジェクトでのこと。スマートフォンで市民と繋がるツールが無かったため、四條畷市公式LINEを開設しようとしたんです。

11月中からの稼働を目指していたものの、実際に開設できたのは2018年2月。自分としては「3か月も遅れてしまった」という感覚でした。

市役所が新しいことを始めるときには“ルール”を整備することや“公正公平であること”が求められます。プロジェクトを進める中で確認しなければいけない事項が想像より多く、クリアするのに時間が掛かってしまったのです。

けれど、入庁してすぐにこの経験ができてよかったと思います。

一般的に「保守的」なイメージを持たれてしまう行政ですが、市民にも職員にもメリットがある新しいことならやりたいと思っていること。ただ、公明正大に行うことが求められるので、確認事項が多くなってしまうのだと身を以って学べたから。

これからのキャリアも、マーケティングとともに

どこで働くとしても、仕事を進める上での難しさにはぶつかります。

決裁権の無かったテレビ局時代は、提案が通らなくて不満を抱いたこともありました。けれど、目的に向かう道としてAが閉ざされたとしても、BやCの手段を思いつき、実行すればきっと前に進める。

自分の案や理想を通すことに固執せずに目的の実現をゴールだと思えば、まだまだ考えられたことはあったように思います。もう一つ、仕事を進める上で重要だと思うのが、結果の共有。

僕は、記事・動画・イベントなど何を作るにしても、いろんな部署や市民の方に協力を依頼する立場です。「いいものができたね」で終わりではもったいない。定量・定性両方の成果を共有して、「協力してよかった」と思ってもらえるように意識しています。

それにしても、キャリアとは不思議なものです。

あのとき部門別採用の道を選んでいたら、僕はテレビ局の番組制作側としてキャリアを積んでいたのかもしれない。偶然もう一方の道へ進んだから、マーケティング職に就くことができ、当時は考えもしなかった市役所職員として働いています。

任期3年目に入り、とうとうラスト1年。その後のキャリアは決まっていません。ただ、「マーケティングは何にでも使える」という軸に沿ったキャリアを歩むつもりです。僕は、開拓したり、少し荒れた地を耕したりするのが好きなタイプ。

たぶん今後も、マーケティングの考え方がまだ浸透していない場所や、「これまでのやり方ではうまくいかない」と課題を持っている場所に飛び込んでいくのでしょう。予測できない未来が、今は楽しみです。


文・倉本祐美加 写真・岡本直子