就職や転職のときは、さまざまな選択肢を目の前に並べて、「どこで働くか」「どんな仕事をするか」を決めようとする。けれど、それらは手段に過ぎない。では働く目的は何なのだろう?きっと、お金を稼ぐためだけではないはずだ。

篠田厚志さんは、3人の子どもの父親であり、NPO法人ファザーリング・ジャパン関西の理事長。

ファザーリング・ジャパン関西は、「父親をはじめ、誰もが子育てをおもしろがる社会にしよう」という思いの元、父親に向けた子育て・家事支援プログラムの提供や、子育て世代の管理職に向けたマネジメントと子育て両立のための研修などを行っている。

篠田さんの根幹には、自身も「父親としてどうありたいか」を見つめ続けてきた経験がある。

29歳のとき、身体の異変をきっかけに、「子どもたちの心の中に何を残したいか」という問いに向き合った。そこで見つけた働く目的が、意思決定の際の判断基準にもなった。彼のキャリア形成を支えてきた、働く目的とは何なのかを聞いてみよう。


病気かもしれないという宣告が、人生を見つめ直すきっかけをくれた

子育てにしっかりと関わりたいという思いは、若い頃から周りと比べて強かったように思います。

それはたぶん、幼少期の切ない記憶があったから。父親は土日関係なく働いていて、家族で何かをしたりどこかに行ったりといった思い出がほとんどなかった。

だからこそ、子どもと多くの時間を一緒に過ごしたいし、一体感のある家庭を築きたいとずっと思っていました。

「土日と祝日は休めて、家族との時間をしっかり取れる仕事に就こう」

そんな軸に沿って、高校卒業後のキャリアとして選んだのは大阪府庁。入庁して10年ほどは人事部門に所属し、メインの仕事は採用でした。忙しい部署だったので、入庁前のイメージとは違い、残業は多く、休日出勤をしなければいけないことも多々。とはいえ、やりがいのある仕事だったため、充実した日々を過ごしていました。

しかし、転機は突然に訪れたのです。29歳のときの健康診断で、「肺に影がある」という突然の宣告。当時は結婚していて、長男は3歳、長女はまだ生まれたばかり。もちろん、子どもと関わる時間はできるだけ取ってきたつもりです。

けれど、立ち止まってみてふと思いました、「自分が今死んでしまったとして、子どもの記憶に何かを残せているのだろうか」と。

幸い、精密検査の結果は良性。命に別状はありませんでした。けれど、この出来事を機に、家族とただ一緒に時間を過ごすのではなく、「子どもたちの心の中に何を残したいか」までを考えて関わるようになったのです。

複数のキャリアを経験すれば、子どもにより多くの選択肢を見せられる

自分の死を意識することは、仕事に対する考え方も変えます。

「このまま今の仕事を続けることが最善なのだろうか」と思うことが増えました。自分の限られた時間を納得いくように使うため、いつか辞めることになるだろう。そんなことを考えていた中、財政部門に異動することに。

職務内容は、大阪府下の市町村ごとに必要な地方交付税額を算出するといった、スケールが大きくやりがいを感じられるもの。まわりの同僚や先輩、上司もすばらしい方々ですごく楽しかったんです。

でも、ただ、国から決められたスケジュール・段取りで行わなければならないため、仕事を自分でコントロールできているという実感が得られなかったことと、誰がやってもある程度同じ成果が出るような仕事の仕組みだと感じたこともあって、そんな状況でふと思ってしまった。「これが、府庁での最後の仕事だな」と。

「お金を稼ぐためだから、仕方がないでしょう、それが仕事というものだよ」と言われるかもしれません。転機が無ければ、「仕事にはやりがいを感じられているのだからいいじゃないか」と、これまで通り働き続けていたと思います。

けれど、自分の中に芽生えた新しい価値基準がそれを見過ごせなかった。何のためにお金を稼ぐのかと考えると、家族のため。それなのに、肝心の家族と過ごす時間が十分に取れていないのは本末転倒だと思ったんです。

33歳のときに大阪府庁を退職しました。

安定した職を辞めるとなると、家族からの反対はつきものです。しかし、当時の妻の反応は「とうとう来たか」という感じでした。肺に影が見つかった29歳の頃から、妻には「いつか辞めると思う」と話していたんです。

というのも、「子どもに何を残せるか」と考えたときに、できるだけ多くの選択肢を子どもに提示して、視野を広げてあげられる父親でありたいという思いが湧いてきたから。

私は公務員で、妻は保育士。お互い、ひとつの働き方しか知らずに生きてきました。けれど、私たちの子どもはこれから予測できない未来を生きていかなければいけません。

「親がいろんなキャリアを知っていて、いろんな経験をしていた方が、アドバイスできることが多いはず。そういった理由から、転職したい」。4年間そう伝え続けてきたから、妻は理解してくれました。

経験したからこそ、「しんどい」も「楽しい」も話すことができる

大阪府庁で働いていた頃から、後の転職先となるファザーリング・ジャパン関西の活動には週末に参加していました。

当時はまだまだ子育てに参加する男性が少なかったために、ひとりの父親として「どのように子育てをしているのか」を話したり、子どもとの遊び方を教えたりと、場作りを手伝っていたのです。

そんな中、ファザーリング・ジャパン関西がNPO法人化して間もないときに、理事長とともに活動を主導していた当時の事務局長が急逝されてしまって。退職して「これからどんな仕事をしようか」と考えていた私に、「彼の後継者を探している。どうだ?」と声が掛かったのです。

「父親をはじめ、誰もが子育てをおもしろがる社会にしよう」という団体の思いと、自分自身の大事にしたい生き方とは重なる部分が多く、転職を決めました。

前職は公務員、転職先は当時法人化したばかりのNPO。

当たり前ですが、働き方が全くと言っていいほど違います。仕事内容や進め方がきっちりと決まっていた前職から一変して、仕事の型など何も無い状況。

そもそも、自分で動かなければ仕事は生まれません。加わった当時は、団体のあり方やシステムをゼロから構築していく作業の連続。自らコントロールできる仕事を望んでいたものの、自分で考え、自分で決めなければならないことだらけの状況に、最初は眠れないほどのプレッシャーを感じました。

理事長に就任してからも、団体の目的達成のためには何をすべきかなど、答えの無い問いに向き合い続けることの大変さを実感しています。

だけど、異なる二つの職場を経験したからこそ、「どちらも大変だし、どちらにも楽しさがある」と知ることができました。

もし転職してなかったら、「隣の芝は青そう」と見ているだけで、キャリアを終える頃に後悔したはず。飛び込んで良かったと思うし、経験したからこそ子どもたちに話せることがぐんと増えました。

もう、長いスパンで物事を見通せる時代じゃなくなっています。

昔は、ある程度将来を見通すことができて、「これに乗れば失敗しない」と言われるレールがあった。けれど、数年後や数十年後の未来が予測しづらい今は、安定したレールなんて無い。

失敗しながらも、自分でレールを作らなければいけません。そんな中で向かう方向を見失わないためにも、「何のために働くのか」を考え続けることが大事なのかなと思います。

子どもに何を残せるかを考え、なるべく多くの選択肢を子どもに提示できるようにいう軸でキャリアを積んできました。

今、3人の子どもたちは13歳、10歳、5歳。彼らが自立して、私が今担っている役目を終える日もいつかやって来ます。だからと言って、働く目的が無くなるわけではありません。子どもに背中を見せる役目が終わっても、また別の誰かの役に立てる人間でありたいという思いがあるから。

多くの経験をして、多くのことを知っている方が、役立てる幅が広がるもの。そう思うと、まだまだ経験と知識を増やさないといけないですね。


文・倉本祐美加 写真・岡本直子